FC2ブログ

てくてくじゅんさん

日常の感じたこと。 男の子の育児。 趣味の料理や、スポーツも時々。

ポケモンとコードブルー

さきほど、息子と映画を見に行ってきました。
息子からの要望はポケモンとコードブルーでした。

ポケモンは去年も見に行ったので想定内でしたが、
コードブルーは完全に想定外でした。
元嫁様も見てるドラマの影響でしょうね。

吐血や手術のシーン、あとは刺さった包丁を引き抜くシーンでは
さすがに怖かったらしく、
『ひぃぃぃ~』
って目を背けてましたが、
結構楽しめたみたいで良かったです。

オレ個人の感想を書かせてもらうと、
わざわざ劇場で見るほどのものではない、という感想です。

ドラマを1話も見てないので、ウィキペディアで事前学習をしていったオレですが、
自分では各キャラクターの概要はつかんでいたつもりです。
映画見てる最中も疑問点は感じなかったしね。
医療用語も分かるし(笑)

そこまでしていても、単純に、
どこかで見たことあるようなストーリーを詰め合わせただけ・・・・。
末期がんで余命短い花嫁・脳死の息子・事故で身体に刺さった鉄パイプ、
アルコール依存の母親。

せっかくのドクターヘリ物なんだから、
もっと、海猿みたいな事故現場中心な話にしてくれれば良かったと思います。


ポケモンの感想は、去年も同じようなことを書いた気がするけど、
ポケモンの世界観に対して、全く共感が持てないです。

主人公やその仲間は、野生のポケモンに平気でバトルふっかけて、
それで勝って、『ゲットだぜ!』とか言うくせに、
悪そうな大人達がポケモンを捕まえようとすると、
『そんなことしちゃダメだ!』
ってポケモンを守ろうとするし。

そんでもって、
そのポケモンに
『悪い人間もいるけど、オレとは友達になってくれ』
とか言うし。

ポケモンからしてみれば、
自由に暮らしていたのに、
いきなりケンカ売られて、バトルに負けたら変なボールに閉じ込められるし、
とにかく可哀想過ぎる・・・・。

そんな視点から映画を見てるので、楽しめるはずもなく、
息子が一緒じゃなかったら、タダでも見ないかな。
それと、今回はドジっ子でウジウジなキャラが3人も出てくるので、
見てるだけでイライラするシーンばかりでした。
一番良かったのは最後のエンドロール、
ポルノグラフィの曲ですね。

曲。
映画じゃなくて・・・?

はい。曲です。


ま、個人の感想なんで、子供にとっては面白いんでしょうけど。

あ、それと、ポケモンはオレ達以外に客が居なくて、劇場貸し切りでした。
公開終了間際ならではの特典ですかね。
スポンサーサイト
  1. 2018/09/08(土) 16:24:28|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<義理の母(元) | ホーム | 清水小バレー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junnsann.blog.fc2.com/tb.php/1973-197d8607
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)