FC2ブログ

てくてくじゅんさん

日常の感じたこと。 男の子の育児。 趣味の料理や、スポーツも時々。

違うアプローチの仕方

昨日は昼間、ずーっと、去年の女子のデンタルの試合を見返していました。

苦戦した鹿児島戦と広島戦です。

そしてオレは気が付いた。
っていうか、去年の試合中に気が付けよ、って話ですが(笑)
けど、これに気が付かないで勝ったのは逆に凄いです。

この2チームは九歯の両エースの打つコースを完全に研究しており、
1枚ブロック&5枚レシーブで対応してくるのも同じです。
でも、この同じ目的の両チームですが、レシーバーの配置に違いがあるのを発見。


広島は
一番上手な選手をど真ん中に配置して、
ストレート以外のボールはこの選手がオーバーでもワンハンドでも、とにかく手を出してくる。

対して鹿児島は
一番上手な選手をストレートに配置。
クロスは2番目に上手いリベロが担当。
広島とは逆に、一番下手な選手が真ん中に配置。
この選手は真ん中の軟打にのみ対応しており、あんまりレシーブ参加してるような感じではない。

同じ目的を持った両チームですが、
アプローチの仕方がこんなにも違うとは驚きました。

去年の試合中、全然気が付かなかったわ
(監督失格やな)
そんでもって、この試合は何回か見返した事あるけど、
そういう目で見てなかったからホントに分かんなかったです。

そういう目で振り返る、って大事ですね。
スポンサーサイト
  1. 2018/07/28(土) 14:23:49|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<仮想・広島 | ホーム | 三重県>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junnsann.blog.fc2.com/tb.php/1941-f62ec752
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)