てくてくじゅんさん

日常の感じたこと。 男の子の育児。 趣味の料理や、スポーツも時々。

女子準決勝

実家から戻ってきましたが、PCの電源が入りません・・・、なんで?


仕方がないので、仕事終わって、会社で書きます。
女子の準決勝。

予選はリーグ1位通過で、なおかつ予選を1位通過した3チームのうち、
うちは得失点で2位なので、シード権をもらい、準決勝からのスタートです。
例年、あまり考えたことなかったけど、女子はこの時点でベスト4確定なんですね。
そう考えたらシードってスゲーな。

さて。
準決勝の相手は、鹿児島と広島の勝者です。
勝てる作戦は用意してあるとはいえ、向こうの方が格上なんで、
『広島負けろ』って願ってましたが、やはり広島は強く、鹿児島を一蹴。
いよいよ、大一番の広島戦です。
オレ流の勝利の方程式がハマるか、どうか。
負ければ、女子からの信頼が一気になくなる恐怖の戦いが始まります。

広島は1試合しているので身体もほぐれており、うちは出だしでやられると予想してましたが、
見事なやられっぷり・・・。
あんまり思い出したくないけど、サーブレシーブは返せないし、
スパイクも決まんない。
ナナコの顔が死んでるのを見たのはこれで2度目。
練習してきたフェイントをする余裕もないほどテンパってます。
良いスパイクも相手エースに拾われるし、中盤くらいから
『このセット、もしくはこのゲーム、終わったな』
って内心思ってました。

頼みの2枚ブロックも上から抜かれたりして、お手上げ状態。

そんな中、唯一活路を見出してくれたのが
終盤、ライトからのマユ様の攻撃が決まっていたこと。
うちの両エース対策シフトの穴をつく攻撃でほんの少し活路が見えましたが
割とあっさり1セットダウン。

まずは落ちつかせるために、先日も行なった『ベンチ前に座る作戦』。
2度目なので、あまり抵抗なく座る選手。
指示としては、とにかくサーブレシーブを返して、
あとは練習どおりの仕事をこなすこと。
肝心の攻撃に関しては、トスを散らしてライトからも攻めること。

2セット目の中盤で3点差を追いかける、
正直負けたと思ったところから、練習どおりのフェイントや鋭角スパイクが決まりだし、
どうして勝てたのか理由が説明できないけれど、
25-23で信じられない逆転。

ビデオ見たら理由が分かるかもしれませんが、オレの記憶ではそれは見つかりません(笑)

3セット目は逆に向こうが慌て始め、広島のエースらしからぬミスも出て、
点数覚えてないけど、終始、こっちのペースで試合出来てた気がします。
オレ流の勝利の方程式が出せました。

よっしゃー!
オレの広島対策が間違ってなかったことを証明してやりました。
コーチ引き受けた6月の時点で、
昨年、決勝でコテンパンにされた広島に、今のチームで勝てるなんてオレ以外には思ってなかったはずなんで、
それが証明できたことが何よりも嬉しかったです。
オレのやり方に否定的だった方々に、『見たか!』
と言ってやりたいけれど、
まあ、途中まで負けてたし、彼女達は全員頑張ったし、
大会本番、真っ最中だし、
大人なんで、この日記に書くくらいで留めておきますよ。

ベンチには応援に来てたユリとシホも座っていたので、
この二人に勝利を見せてあげられて満足です。
自分達の代では勝てなかった相手に、
(自分達よりも若干実力の劣る)後輩チームが勝つのは、
ちょっと複雑な思いもあるかもしれませんが、
2人はそんな心の狭いオトコではありませんから(女性です)

試合後には広島のエースにこっそりと
『選手としてはキミがダントツ1番だと思っているから』
と呟いてあげました。
他の選手には
『今のが事実上の決勝戦だよね。決勝は広島の分も頑張るから応援してね』
と友好的な社交辞令をしっかりと言うのも監督の仕事(笑)

まあ、でも実際、彼女がナンバーワン選手だし、広島が一番強いと思うし、
間違ったことは言ってませんからね。


1501975313498.jpg

タイムアウトの達人になりそうだわ(笑)
1点刻み、いや、心の中では0.5点刻みくらいでタイミングを見計らってます。

そういえば、この試合のセット間で
『ナナコと心中するから、頼むよ』
って本人に言いましたし、
リベロのフキを使って、ナナコをリラックスさせる作戦もしましたね。

その他にも、ラリー中に歩き回れるのを良いことに、
ブロックのどこを抜かれているのかを確認しに、
コート後方から試合見てたりしましたね。(結果、上から抜かれてました)

いや、なんかもう、必死ですね、オレ。

スポンサーサイト
  1. 2017/08/15(火) 18:01:16|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<修理中 | ホーム | 久しぶりの呼び出し>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junnsann.blog.fc2.com/tb.php/1731-8b655bd1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)