てくてくじゅんさん

日常の感じたこと。 男の子の育児。 趣味の料理や、スポーツも時々。

女子二日目

この日は2試合ありました。
大阪と鹿児島が相手です。

最初に戦った大阪は全く印象に残ってませんが、まあ余裕で勝利です。

しかし、強豪鹿児島との戦いは死闘。
おそらく九デンでのデータを元に、かなり九歯科対策を練ってきたんだと思われます。
両エースのスパイクコースが読まれている上に、
全員のレシーブが神がかっていて、全くスパイクが決まりません。
長いラリーになると、菜々子やユキが先にミスを出し始め、
徐々に鹿児島ペースになっていきました。
鹿児島のエースはしっかりと点を取るし、
完全に鹿児島のスタートダッシュ成功でした。
そして、この試合、正直、負けるとその時は思いました。
打開策が思いつかなかったし・・・。

中盤から大量リードされての終盤、
1セット目は諦めて、次の打開策を考えていましたが、
最後の最後で、ライトのまゆがスパイクを決めだしたんですよね。
たまたま続けて打つ機会があったのが全部決まって、
わずかながらも流れが九歯科に傾いたところで1セット目終了。
25-19、?でセットを落としました。

まずは事態が飲み込めておらずテンパっている選手を落ち着かせるために、
あんまり見たことないと思うけど、
一旦、ベンチ前でみんなで座り、顔を合わせるようにしました。
立ったまま色々しゃべるよりも、フロアに座った方が落ち着けると思ったので、
どこで学んだのか記憶にないけど、まずは『座って落ち着く作戦』を実行。

選手にゆっくりと状況を説明しました。

そして、オレには打開策が閃きました!シャキーン!
両エース対策シフトがゆえに、それ以外のアタッカーには対応出来てないようなので、
セッター彩花にトスを散らすように指示。

あとは我慢強くラリーを続けていくように話をしました。

両エースには、攻撃が単調にならないようにオレ直伝のフェイント作戦も混ぜるように言って、
2セット目に突入です。

2セット目は・・・、えっと、どうだったっけ?
序盤は競ったけど、落ち着きを取り戻したのと、
トスを分散させたのと、フェイントが決まって、
少しずつペースを取り戻し、互角の展開。
25-23でなんとかフルセットへ。

声も出てきたし、自分たちの形に自信を持ってプレー出来てきたので
3セット目は、25-9で圧勝でした。
両エースの攻撃も決まったし、
相手が1セット目や2セット目と違って、ミスを連発するようになり、
完全にこっちのペースで勝利することが出来ました。

でも、やはり、バレーは怖いですね。
雰囲気や出だしの勢いで、いともたやすくセットを取られてしまうし、
デンタル本番の緊張感は独特のものがあります。
ましてや、九デンでは勝ってる相手なので、
本番では負けられないというプレッシャーもあるし、
難しいです。ホントに。

個人的には、『座って落ち着く』作戦が良かったのと、
偶然にも1セット目終了際にマユがヒントをくれたのが勝因だと思ってます。
もちろん、諦めなかった選手の気持ちも大事ですが、
具体的な手段がないと厳しいですしね。

苦しい試合でした・・・。

この日、応援に来てくれた尼ヶ崎さん。
観客席から応援してくれてありがとう。
外から見ててどうだったか、意見を聞きたいところですが、
どうでしょうか?

選手の良かったところ、悪かったところ、
監督の良かったところ、悪かったところ、
遠慮なく教えてくださいな。

一緒に来てた近藤先生も何か言ってなかった?
スポンサーサイト
  1. 2017/08/08(火) 19:15:08|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<マッサージ係 | ホーム | 二日目男子>>

コメント

女子の鹿児島戦を見ての感想
攻の九歯vs守の鹿児島というイメージでした。
鹿児島の男子と同じように鹿児島の女子はとにかくよく拾う!
バシっと決めたかと思いきや綺麗にレシーブされ、、、1セット目はどこに打っても全部拾われるのでかなり九歯の両エースが消耗してしまったと思いました。
特に表エースはレシーブをする体力がなく後衛でも動きが鈍かったですね。
表エースを休ませるためにも後衛の時にレシーブの上手い衛生4年の子と交代しても良かったかもと思いました。

波多野さんの意見と同じく、センターとライトの方が本数は少ないながらも決定率が高いのは途中からわかったのでもっともっと使って!と内心思っていました。

実力は拮抗しているのに1セット目が大差で取られたのはちょっと驚きでしたが、2セット目からは実力通りの内容。3セット目は逆に鹿児島の守りのリズムが乱れて楽勝。
どっちが勝ってもおかしくないゲームでしたが、決勝トーナメントで対戦してもおそらく九歯が勝ってたと思います。

監督の良かったところ…やっぱりベンチに座って指示を出すより立ってくれていた方が、目線が一緒なので選手としては心強いし一体感があるので立ってて正解だと思います
監督の悪かったところ…特にないです。

監督ができて羨ましい。。プレーヤーとしてでなく教える立場でオールデンタルにまた帰って来たいって思いました。
  1. 2017/08/09(水) 19:31:19 |
  2. URL |
  3. あま #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

感想ありがとう。

表エースにとっては思い出したくない試合だろうね。
多分、数字出したら、とんでもなく低い決定率でショックを受けると思う。
後衛で一旦休んで、外から見れば、たしかに展開が変わっていたかもですね。

最近?ルール変更があって、ラリー中でもコート付近まで行けるようになったので、
そのルールを有効利用してみようと大会前から考えてました。
事前に、北九市内の中学の大会を見ながら、
どういう監督スタイルが雰囲気作りに繋がるかを観察していて、
今回は『立ったままスタイル』でいく作戦にしました。

そういえば、デンタル期間中、オレ以外に立ってる監督いなかったなぁ・・・。




  1. 2017/08/10(木) 16:41:19 |
  2. URL |
  3. junnsan #-
  4. [ 編集 ]

昔は立って審判に文句でも言った瞬間イエローカードとか出てたので、世の中変わりましたよね〜
  1. 2017/08/10(木) 19:37:34 |
  2. URL |
  3. あま #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://junnsann.blog.fc2.com/tb.php/1727-30c87063
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)