FC2ブログ

てくてくじゅんさん

日常の感じたこと。 男の子の育児。 趣味の料理や、スポーツも時々。

銭湯&打ち上げ

体育館から帰りの道中、ホテルの近くにある銭湯の前を通る時に、
『男子、風呂入って帰ろうぜ』
『風呂代くらいは出すから』
って言ったら、
しょうが、平さん、ゆうだい、ななみ、たくみ、しょうたろう、が賛同してくれたので、
一緒に風呂に寄りました。

男同士、たまには、というか少なくともオレは一緒に風呂入るのは初めてです。
ワイワイ言いながら湯船に浸かるのも、なんだか学生の頃の合宿みたいで楽しかったし、
暑い夏に、熱い風呂は気持ちよかったです。
DSC_1813.jpg
風呂上がりにアイスを食う彼ら。

ホテル帰って少し休んだら、
みんなで歩いて打ち上げ会場の焼き肉屋さんへ。
豚肉メインの食べ放題システムでしたが、
同席の平っち、ゆきねさん、オレは胃がお年寄りなので
油の多い豚肉は量が食べられず・・・・・、
食べ放題なのに、まさかの一回も注文しないという(笑)

追加どころか、最初に出てきた盛り合わせを食べきれずに残す僕たち・・・・。

低学年の席はおかわりしてたようですが、高齢者テーブルは無理。
せめて、しゃぶしゃぶならもう少し食べられたかもしれませんが。

あとは恒例の
引退者へのプレゼント。
DSC_1821.jpg

引退者の挨拶を聞きながら、デンタルが終わったことを実感。
寂しくなります。

そして、しょうがとユキまでも、今回で引退するって・・・・・、
オレは聞いてないぞ!

スポンサーサイト
  1. 2018/08/17(金) 07:51:31|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

閉会式

女子の3位決定戦が終わったあとは、
フルセットの激闘を繰り広げている女子の決勝を見ていました。

広島と鹿児島のエースの打ち合いが、
なんというか、意地と意地のぶつかり合いで、
25点を超えても決着がつかず、まさに決勝にふさわしい試合になっていました。

最後は実力的には負けてると思っていた鹿児島のエースが打ち勝って、
優勝を果たしました。
その時、観客席で小躍りしながらガッツポーズしてるおばさんが居たんですけど、
顔が鹿児島のエースそっくり(笑)

すぐに親だと分かりました。
(あとで訊いたら、やっぱりそうでした)
フロアから観客席の距離で、すぐに分かるって、似すぎだろ(笑)

そして、閉会式までの間に記念撮影を行ないました。

DSC_1781.jpg
引退するアヤ・リョウ

DSC_1777.jpg

左から、大きいのと中くらいのと小さいの。(しょうが、オレ、平っち)

DSC_1770.jpg

いつもカメラ係のタカ君ですが、

DSC_1809.jpg
閉会式では次期主管校の代表として
『コシヒカリ』の一発芸と挨拶をしてくれました。

緊張していたせいか、挨拶が早口過ぎて、何を言っているかが全く分からず、
会場全体からダメだしを頂戴するタカ君でしたが、
これもまあ、良い経験ということで。

来年までには面白い一発芸を練習してもらおうと思います。
  1. 2018/08/17(金) 07:30:48|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

女子3位決定戦

この日は朝一でこの方が来てくれました。
親分とでも言えば分かるでしょうか?
1533341388400.jpg
久しぶりのシホさんは・・・、
お腹周りの肉が目に付いたんで、思わず掴んだら、これまた結構なボリューム(笑)
最初の挨拶が腹の肉を掴む、ってどんな仲でしょう・・・・?


シホさんには女子の準決勝に監督としてベンチに入ってもらったんですが、
残念ながら、負けてしまったので、女子は3位決定戦にまわることにまりました。


さて。
3決はオレが監督でベンチ入り。
気分屋さんな女子達をなんとか立ち直らせて、
もう一回戦えるようにしなくてはいけませんが、
はっきり言って、顔が死んでます。
公式練習に入っても、惰性で動いている・・・・・動く人形みたいです。
感情が感じられず、やる気や覇気が全然感じられませんでした。
このままだと、絶対に負けるパターンです。

公式練習終わって、集合した際に、なんとかみんなを明るくするために、
オレは何か声を掛けたんだけど・・・、なんて言ったか忘れた・・・・。

『顔が死んでるぜ』 (冗談っぽく明るい口調で)
とか、
前の試合で、終わり頃になってようやく調子の上がってきた菜々子に、
『もう調子出てきたやろ!』
と弄ってみたりしたような気がします。

たしか菜々子も
『もうアップ完了でーす』
と明るく応えてくれましたし、もうこの時点で勝利を確信。
(気がはえーな)

あとは、試合が始まれば、初めて見る相手、東京歯科の観察をして、
攻撃の特徴や、守備の穴を選手に伝え、早い段階でペースを掴むことです。

そして、そこは自称名監督。
5-5の場面で、流れも悪くないのにタイムアウト。
自力はうちが上だと判断し、あとは一旦落ち着いて、相手の特徴を整理。
このままやってても勝ったんだろうけど、多少残っている緊張をほぐしてあげるのと、
早い段階から、掴んだ特徴を整理・共有して、全員に同じ方向性を示した方が集中出来るという判断です。

自分でいうのもアレですが、
各自の役割や守備範囲が明確になったことで、
この後から凄く集中力が出てきました。
点数は忘れたけど余裕で1セット取りました。
両エースも調子が良くなり、レシーブも足が良く動いています。

どーだ!見たか!
流れも悪くない5-5の場面で、タイム取る監督なんてオレくらいだぞ!


2セット目も集中力はますます高まり、普段の練習では取れないようなボールも拾う選手達。
好レシーブ連発の影響で、スパイクも伸び伸び打てて決定率も上がってきました。

正直、優勝した去年のチームよりも強いと感じましたからね。
引退したリョウが翌日言ってましたが、
やってて楽しくて、試合がずーっと続けばいいと思いながらプレーしてたそうです。
オレも同じように、このまま終わらなければいいのに、と思ったほどの過去最高の試合でした。

男子も2階席から応援してくれていたので、
あらかじめ考えていたオレなりの仕上げ方。

今の2年生は男女の仲が凄く良くて、控えレシーバーのマドカがピンサで出てくれば、
間違いなく応援にも熱が入るに違いない。
そう考えて、サーブに回ってきたリョウと交代させました。
マドカも戦力としてのめどが立ち始めていたし、
来年はスタメンになるべき選手です。
練習の時から、結構指導してきた選手です。
計画どうり、ついに『マドカプロジェクト』始動。

リョウを交代させるのはちょっと気が引けますが、
まだ20点なので5点以内には相手に切られるという判断です。

練習どおり、マドカのサーブは良かったし、
途中でマドカの好レシーブもあり、2年生はもちろんチームも最高潮。
唯一の誤算は調子が良すぎて、そのまま25点まで行ってしまったことでしょうか。

23点の時に、リョウに
『こんなに続くとは思わんかったわ。このまま終わったらゴメン』
って言ったら、
『全然良いですよ』
と笑ってくれたし、表情を見る限りではそれがウソには見えなくて
試合の出来映えに満足してるようでした。


女子は優勝こそ逃しましたが、最後に素晴らしい試合を見せてくれました。
今まで見た女子の試合では、一番選手が楽しそうにプレーしてました。
素敵な試合を見せてくれてありがとう、と言いたいです。
  1. 2018/08/12(日) 14:47:06|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

決勝トーナメント

一回戦は東北戦です。
レフトエースとクイックのバランスが良く、うちの苦手とするタイプです。

うちは基本的に素人集団なんでブロックが大の苦手です。
高さがないうえに、だれがどこを跳ぶのかが決められず、
結局、ネット際で見上げてるだけ、なんてのがお決まりです。

なので、相手の何番が打ってくる確率が高いかをビデオで教え込み、
役割分担だけはきっちり仕込みました。
(当日の朝、オレの部屋で)

おかげで1セット目はブロックで相手にプレッシャーをかけることが出来、
こちらのペースで試合が進められ、なんと1セット先取。

今大会のベストセットでした。

しかし、これだけで終わらないのが我がチーム。
2セット目はチャンスボールを返せなかったり、
平っちのサーブが手に当たらず、数メートルしか飛ばなかったり・・・・・。

この辺りからフルセット負けの予感しかしません。

そこからは、1セット目で集中力を使い果たしてしまったブロックマークが段々とズレていき、
フルセットまでもつれ込んでしまいまいした。
オレの中の客観的な予想は2セット目を取り返し勢いのついた東北の勝ち。
元々の自力でも向こうが上だし、変速ツーセッターを多用始めた相手に、
こちらの素人選手では、ついていけません。
彼らが実行できるコマンドは一つ。
一度そう決めたら、ラリー終了まで違う命令は受け付けられません。
昔のファミコンの味方ユニットみたいです。
何が起こっても、そのコマンド入力した行動しかしません。

ということで、逆転負けです・・・・。

そういえば、
3セット目途中で、急に女子が全員で応援に来てくれました。
オレはそれを見て、女子の負けを確信しました。
だって、勝っていれば次の決勝にむけてアップをしているはずなんで、
それをしないで全員で来るってことは負けたということですからね。

応援に来てもらって嬉しいけど、悲しかったです。



ともあれ、男子はベスト8なんで、プレーの内容はともかく
予選を通過しただけでも良かったと思います。
良くやった、とは思いませんが、出来ないなりに必死にやったと思います。
*ユウダイは相変わらず、必死さが足りんが。
  1. 2018/08/12(日) 13:42:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デンタル写真館

まずはこれ。
三日目の行きのバスで一緒だった『ななふし』?君

DSC_1715.jpg
木の枝に擬態するムシですが、ショウガは一目見て
『カマキリ!』
と叫んでおりました。
カマキリじゃねーだろ・・・笑

最終日の帰りのバス内にも居ましたが、多分同じ個体だと思います。
女子達は気持ち悪がって、狭い車内を逃げ回っていましたが、
最終的には男子1年生のタクミが摘まみ出してくれました。


次はこちら
DSC_1691.jpg
『りょう』って書いてある団扇で応援するユノカ嬢。
女子は控え選手も頑張って応援してましたよ。


団扇つながりでこれも。
DSC_1674.jpg
期間中、2階のチーム席では、オレの隣はなぜかユキだったので、
置いてあった団扇を盗撮。
本人に見つかったら怒られそうなので、コッソリ撮影(笑)

最後に。
DSC_1676.jpg
前の試合が、長引いて、ついに寝てしまうマツオカとリョウカ。
マツオカは捻挫が治りきらずに、ベンチ要員となってしまいまいました・・・・・。
せっかく春休みからジャンプサーブの練習したのになぁ・・・。涙。
  1. 2018/08/12(日) 10:59:42|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ